Home / Archive by category "更新情報"

更新情報

ロルフィング的セルフケア(NHK文化センター梅田での講座)

4月4日(月)より毎月1週目、3週目、(5週目の時もあり)の月曜日に10回のシリーズで セルフケア講座を行います。 大阪駅前(梅田)阪急ビルオフィスタワー17階のNHK文化センター梅田にての開催です。 お申し込み、お問い合わせは下記URLからお願いいたします。 https://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_1244274.html   講座の内容に関するご質問は、roldenkranio@gmail.com まで
Read More

コンティニュアム with スーザン・ハーパー(2022年4月)オンライン

コンティニュアム・ムーブメント with スーザン・ハーパー ~動きによる探求~ 日程:2022年4月29日〜30日(オンライン講座) コンティニュアムの探求では、微細な波の動き、優しい呼吸、そして原初的発声による命の言語の中で動きを探求します。魂のこもった、ダイナミックで、そして微細な多面的な動きの領域へと足を踏み入れます。身体の中の地、水、火、風、空、の元素の知性的ダイナミクスを探求します。すなわち野生に息づく地球物質的肉体との生来のつながりを深めるのです。優しくそして官能的に知覚しつつあるフレッシュな感覚を目覚めさせ、そして新しい動きを発見するのです。私達はハートの真の性質を深めます:愛の許容性、意識、イマジネーション、親切さ、そして喜び。 (テーマは前回と同じですが、ワークショップの内容は毎回異なります) *英語のクラスに通訳が付きます。  ...
Read More

ニーラジャ瞑想&サットサン オンラインワークショップ2022

  喜びに満ちた生活の術   ニーラジャとのオンライン瞑想コース、月2回ペースの10回シリーズ。 今,ここで幸せである術をニーラジャとじっくり継続して探求出来る絶好の機会です。 あなたは、以下のことを全範囲にまたがって学ぶことができます。 静かで穏やかなマインドへどうやってアクセスするか。 いかに自分の本質の深みへと沈潜するか。 いかにスピリチュアルな洞察に目覚めているか。 それらの知識を日々の生活に、あなたの交流や活動の中で、いかに取り入れるか。 このプログラムは、スピリチュアルの目覚めに専心し、最も自由で愛ある人生を送りたいと願っている全ての人に向けてデザインされています。 The Art of Joyful Livingには、実践的なテクニックが満載です。 誘導瞑想、講話、公案、その他...
Read More

ラージャヨガ指導者養成トレーニング(2022年1月)IYF認定コース・オンライン

IYF認定ラージャヨガ指導者養成トレーニング(モジュール1) 開講:2022年1月〜3月(オンライン講座・毎週火曜日・全10日間)   2022年1月より、IYF(国際ヨガ連盟)認定のラージャヨガ指導者養成トレーニングが始まります。 このトレーニングは、西洋圏を中心に広く普及しているフィットネス的なヨガの講座とは一線を画すもので、肉体、感情、思考、魂、霊、の全人的な進化を目指す方のためのヨガ講座です。肉体部分の訓練となるハタヨガの時間では今どきの種々のスタイルも紹介されつつ、それと並行して、ヨガの古典を学ぶ時間では、呼吸法、瞑想法、哲学の履修にも重きがおかれています。ラージャヨガ教師歴34年のエレカ・クラーリンゲンが、1人1人にとって滋養となる時間、そして自己成長の機会となる空間を提供します。 認定コースは、全7モジュールによって構成されています(ベ...
Read More

ボディーフルネス&常識はずれのウォーキング(2021年10〜12月)オンライン(対面参加も可)

常識外れのウォーキング講座&ボディーフルネス 一般的に良いあるき方と言うと、脚を上げて両手を振ってとか、背筋をピンと伸ばして胸を張ってとかのイメージを持っている方が少なくありません。 それでも何時もそうやって歩いている人は少ないですね。 ここで提案する歩き方は、普通に言われる良い歩き方からは程遠い、全くと言っても言い過ぎではないほど違った視点から歩きを見ています。 ここで提案する歩き方は、体全体がその歩行動作に参加している、歩行の動作に応じたタイミングで夫々の部分に見合った動きの大きさと形を全部が同時にオーケストラを奏でている様に歩くと言うものです。 動きの大半は無意識になされる動作です。癖という意味での無意識ではなく、普通の意識ではとても把握する事の出来ない複雑多岐に渡る情報を身体が勝手に処理してくれている無意識さです。 身体がそれを勝手に上手くやってくれるような条件を揃える...
Read More

ボディーフルネス(2021年10~12月)常識外れのウォーキング

常識外れのウォーキング 一般的に良いあるき方と言うと、脚を上げて両手を振ってとか、背筋をピンと伸ばして胸を張ってとかのイメージを持っている方が少なくありません。それでも何時もそうやって歩いている人は少ないですね。ここで提案する歩き方は、普通に言われる良い歩き方からは程遠い、全くと言っても言い過ぎではないほど違った視点から歩きを見ています。 ここで提案する歩き方は、体全体がその歩行動作に参加している、歩行の動作に応じたタイミングで夫々の部分に見合った動きの大きさと形を全部が同時にオーケストラを奏でている様に歩くと言うものです。 動きの大半は無意識になされる動作です。癖という意味での無意識ではなく、普通の意識ではとても把握する事の出来ない複雑多岐に渡る情報を身体が勝手に処理してくれている無意識さです。身体がそれを勝手に上手くやってくれるような条件を揃えるのです。その為には必要のな...
Read More
Top