Home / Articles posted bychronicstudents (Page 2)

Author: chronicstudents

ニーラジャとのサットサン瞑想(受講生の声)

2018年7月、イタリアにある実施された11日間の瞑想リトリートツアーに参加された方々の体験談です。 スピリチュアル・マスター、ニーラジャさんのイタリアでの活動拠点、Sri Papaji Center (シュリ・パパジ・センター)。街の喧騒の影響を受けない郊外に瞑想専門のリトリートセンターがあります。日本ではそのような場所は少ないですが、今秋の富士・精進湖ではそれに少し近い静かな場所で5日間のリトリート合宿、奈良では2日間の通いコースがあります。最近よく耳にするマインドフルネスとも少し違う、本格的な瞑想をきちんとしたマスターから学びたい人にはオススメです。 ★秋のリトリート案内 https://chronicstudents.com/neeraja_2018/ ★その他の画像はページの最後にあります ● AYさん(40代・ボディワーク、バイオダイナミクス) 今もハート...
Read More

リンダ・ラビンと過ごすコンティニュアム 2018年8月

リンダ・ラビンと過ごすコンティニュアム  開催日:2018年8月24日(金)~26日(日)東京 2018年8月、クロニックでは初めてお呼びする講師です。カナダのダンス界にソマティクスを取り入れた草分け的存在です。 コンティニュアム:未開の内面への探求 〜流体である術〜 コンティニュアムはユニークなソマティック(体を介した)アプローチであり、液体のシステムの最重要性を認識しています。ヒーリングの深みは私達が液体に繋がった時に現れます。呼吸、発声、そして生物的な動き、それは水の様に螺旋を描き、広がり、脈打ち、波になります。存在力と注意力を通じて、自分そのものである液の動きを展開させるのです。これらの内的な動きと、それに伴う身体感覚は、予期しない仕方で、あなたを新たに組織立て、組織替えし始めることでしょう。この様な仕方で私達の液体的な性質と繋がりを持つ事は、私達の肉体...
Read More

胎生学を元にしたボディワーク講座(頭蓋編)

~ ブレッヒ・シュミッドの胎生学の原理から ~ 開催日:2017年5月18日〜5月20日 2016年に開催された胎生学ボディワーク講座の第2弾。このワークショップは、Dr. Eric Blechschmidt(Dr.ブレッヒシュミッド)によって提唱された、胎生学的な発達の原理をもとに進行します。2016年の講座では、脚部に始まり、骨盤との関係、神経−血管構造の影響、内臓空間と腹膜、横隔膜〜肋骨〜胸郭までを、圧力/張力の現れとして、ひと繋がりの構造として触察し評価できるための手の感受性を養いました。 今回の第2弾では、前回は扱っていなかった、頭蓋構造、顔面、および神経系を胎生学的発達の視点から見ていきます。 。。◎ 申込フォーム 。。◎ 開催概要 。。◎ Facebookイベントページ 。。(セミナーの最新情報はこちらで更新) <参考:前回2018年の...
Read More

ニーラジャ瞑想リトリートin イタリア(海外ツアー)日本語通訳付

ニーラジャと過ごす、サットサン瞑想リトリート(イタリア)  ツアー期間:2018年7月7日(土)~16日(月)イタリア   イタリアでの瞑想リトリート合宿 2017年12月に実施した、ニーラジャさんとの瞑想リトリート(東京・吉野山合宿)が大変好評だったので、2018年7月にイタリアのニーラジャさんが運営する、シュリ・パパジ・センター (Sri Papaji Center) での日本語通訳付き瞑想リトリートを企画する運びとなりました。 ニーラジャは、偉大なる聖者、シュリー・ラマナ・マハリシの直弟子である シュリー・H.W.L.プンジャジ(パパジ)を生涯のマスターとし、パパジ師の足下で多大なる恩寵をうけ、深い感謝の中で何年もの間、奉仕に専念しました。 イタリアの瞑想に専念できるリトリートセンターにて、本格的に深い自己探求の機会を欲している人や、ラマナ・マハ...
Read More

INEH認定 エソテリック・ヒーリング養成コース(2年制)2018新規クラス

INEH認定エソテリック・ヒーリング(秘教治療) 2018年度 プラクティショナー養成トレーニング   ■ このコースで約2年をかけてヒーリングの基礎を学びます。 ※ワークショップ案内は公式サイトでご確認ください。   <2018年 新規開講クラス(第5期)> パート1(京都)2018年 3月29日(木)~4月2日(月)   ✨1月15日までの入金で早割適用があります。 【 エソテリック・ヒーリング とは 】 http://www.esoterichealing.jp/esoterichealing INEH認定のエソテリック・ヒーリングのプラクティショナー養成コースは、半年おきに計4回のパートを受講し、約2年で基礎カリキュラムが完結する形式となっております。ヒーリングのコースと一言で言ってし...
Read More

内臓マニピュレーション(日本ロルフィング主催)

【 掲載協力 】日本ロルフィング協会主催のワークショップ 開催日:2017年5月9日〜5月12日 こちらは、日本ロルフィング協会主催のセミナーです。お問い合せは、日本ロルフィング協会へお願いします。 2016年に開催された内臓マニュピュレーションのクラスとは別の領域と内容を扱います。前回の参加者は前の続編として、今回初めての方にもスムーズに学べる構成になっています。 <2018年のカーニーのセミナー> クロニック・スチューデンツ主催 ◎ 胎生学を元にしたボディワーク講座(3日間・京都) 日本ロルフィング協会主催 ◎ 内臓マニピュレーション(4日間・東京) ◎ Dr.ブレッヒ・シュミッド胎生学(講義のみ・2日間) テーマ: 中腹部構造(肝臓と腎臓)と胸部との関係 オステオパシー分野で用いられる内臓マニピュレーションのテクニックを日々の施術に...
Read More

Dr.ブレッヒ・シュミッド胎生学講義(日本ロルフィング協会主催)

  【 掲載協力 】日本ロルフィング協会主催のワークショップ 開催日:2017年5月14日〜5月15日 こちらは、日本ロルフィング協会主催のセミナーです。お問い合せは、日本ロルフィング協会へお願いします。 この2日間の胎生学講義は、解剖学者そして胎生学者でもあるDr. Eric Blechschmidt博士によって開発された、胎生学/発生学のバイオダイナミックモデルに基づいています。 クロニックが初めてカーニーを日本に招聘した2002年から数えて、早や十数年が経ちました。カーニーの講座は、従来よりブレッヒ・シュミッド胎生学に関心のある人達、特にオステオパスやカイロプラクターなどの人間の全体性に働きかけるタイプの手技療法家やボディワーカーの間では、分かりやすいと定評があります。また近年では、ヨガやピラティス、ダンスなのどの身体表現に携わる人などにも関心を持たれ...
Read More

ニーラジャ(スピリチュアル・マスター、瞑想講師)

講師プロフィール  ニーラジャ(Neeraja) ニーラジャはイタリア生まれのシンプルで楽しい存在です。 彼女は心の奥底に棲む美しさをこよなく愛しています。 彼女の自由なスピリットは、何時でも真実が花開く方へと彼女の人生を捧げさせました。彼女は子供時代から強い神秘的な情熱を発達させ、それがしばしば内なる光と平静の内観の中、深い沈黙と静寂へと彼女を沈ませました。 24歳の時、ローマで高次教育を終えた後、スピリチュアルマスターを探しにインドへと旅立ちました。長年、カル・リンポチェやダライ・ラマと言った高名なチベット仏教の師に付き、ヒマラヤの寺院でチベット最高の教えを実践しました。当時、彼女はチベット医学や霊気等の自然治療に大変興味を持ち、レイキを深く学び、アメリカやヨーロッパの各地で教えました。 彼女がマスターを探してインド中を旅する間、クリシュナムルティー、アナマライ...
Read More

スーザン・ハーパー(コンティニュアムの全体像)

コンティニュアムの概要 by スーザン・ハーパー コンティニュアムの探求は 私達を心から開いてくれます 本当に感じることのできる体へ すばらしい優しさの余裕が持てる体へと ここでは、まったく新しい注意を向けていきます 私達は、どのように動いているのか どう呼吸しているのか どんな音を出しているのか どう感じているのか どのように意味付けをしているのか まるで、失われたなにかを取り戻しているような でもそれは、一人一人のペースで行われる とても楽しい探求です 何をどのように感じるのかという気づきは 本当に創造的でわくわくするような行為にまで、発展させることができるのです! 体の奥深くにまで触れられるような「感覚」を感じとれる能力を しっかりと体に根ざしたプラクティスを通して、開いていきます 「感覚」は、私達を「今ここに」...
Read More

スーザン・ハーパー(コンティニュアム)

スーザン・ハーパー スーザン・ハーパーは探求的な意識の扉を開きます。彼女は発声、呼吸、そして動きのデモンストレーションを通じて原初的そしてスピリチュアルな流動性を伝え、共に参加したくなる様なひらめきをもたらし、延いては体に根付いた斬新な発見を引き出す能力に長けています。   スーザンによるコンティニュアム全体像(記事)   彼女は1975年からコンティニュアムを教え、その発展に貢献しています。スーザンは1992年にヨーロッパに初めてコンティニュアムをもたらしました。1994年に日本に初めてコンティニュアムをもたらしたのもスーザンです。彼女のワークはフベア・ゴダードに触発され、何年も彼と共にワークショップを教えました。   【 経歴 】 スーザン・ハーパーは1975年、コンティニュアム・ムーブメントを学ぶために、コ...
Read More
Top