Home / ワークショップ情報 / 海外講師ワークショップ情報 / ゲイリー・レナードACIM / ゲイリー・レナード氏2日間ワークショップ(2019年4月)

ゲイリー・レナード氏2日間ワークショップ(2019年4月)

ゲイリー・レナード氏 ACIM2日間ワークショップ2019


開催日:2019年4月13日(土)~14日(日)東京
開催日:2019年4月20日(土)~21日(日)京都
 

ベストセラー本『神の使者』『不死と言うあなたの現実』の著者であり、奇跡講座(コース・イン・ミラクルズ)の実践者、かつ講演者としても名高いゲイリー・レナードと、講演者であり、スピリチュアルカウンセラー、ミュージシャンのシンディー・レナードとのワークショップです。
コースインミラクルズ2019開催初日までの各種案内・最新情報は「来日情報ページ」でもご案内いたします。

参加希望者は、予めレナード氏の著書『神の使者』を当日までに読んでからご参加ください。こんな話があり得る、とは思えない人にはお勧めしません。

2019年テーマ:

今回の来日では、コース・イン・ミラクルズ(奇跡のコース)の実践と合わせて、前回の来日時に紹介されていたゲイリーの最新本 “Lifetime when Jesus and Buddha knew each other(仮訳:イエスとブッダが知り合いだった過去生)にまつわるお話しをしていただく予定です。(※具体的な案内文がゲイリーから届くことがあればこちらで更新します)

ゲイリーとシンディワークショップでは、ゲイリーとシンディーがどのようにして、私達が世界と呼んでいるこの夢から目覚めるかをポジティブな意味で語ります。その意図は、より高次の生命形態へと卒業する事にあります。現代のメタフィジックス(形而上学)の名作、『コース・イン・ミラクルズ 』に見られる、時間の無駄を省く特徴が、可能とは思えない早さで、あなたが永遠なる存在状態へと辿り着く手助けとなるよう紹介されます。

『東京・京都とも基本的なトピックは同じですが、話す内容はその時の導きによって変わります』(ゲイリー&シンディより)

。。※ クリックで詳細表示
。。 申込フォーム(東京会場)
。。 申込フォーム(京都会場)
。。 お問い合せフォーム(譲渡・キャンセル申請もこちら)

。。 ゲイリー&シンディのプロフィール
。。 参考:2014年のワークショップの様子

 

日時

東京 2019年4月13日(土)~ 14日(日)10:00~17:00
京都 2019年4月20日(土)~ 21日(日)10:00~17:00
※ 当日は混雑が予想されます。10〜20分前には受付完了できるようお越しください。

会場

東京 綿商会館 5階
http://www.mensyou.co.jp/map.htm
東京都中央区日本橋富沢町8-10
(人形町駅、馬喰横山駅、東日本橋駅 徒歩6分)

京都 梅小路公園西側「緑の館」
http://www.kyoto-ga.jp/umekouji/
京都市下京区観喜寺町56-3
(京都駅、丹波口駅 徒歩15分)

 

申込受付期間

2018年12月3日〜2019年 3月24日まで

3月24日で申込受付を締め切ります。 開催日より早いうちに締切しますので、参加希望者はお早めにお申し込みください。

 

参加費

🍀 早割 2018年 12月28日までのご入金
2日間(早割)35,000 円(税込 37,800 円)
1日のみ(早割)18,000円(税込 19,440 円)

🍀 通常 2019年1月4日〜3月29日までの入金
2日間(通常)40,000 円(税込 43,200 円)
1日のみ(通常)21,000 円(税込 22,680 円)

 

キャンセルポリシー・譲渡のお手続き

キャンセルや譲渡のお申出は、✉️申請フォームからご連絡ください。申込受付後のキャンセルにつきましては、所定のキャンセル料を支払うか、他の人にチケットを譲渡することも出来ます(2日間の申込で1日だけの譲渡は不可)。未入金のまま2019年1月以降にキャンセルされた場合も同様にかかります(ご納得いただけない方は申込をお控えいただきますようお願い致します

✉️ 譲渡・キャンセル申請フォーム

◆キャンセル申出日によってご返金額が変わります。

  • 2018年12月31日まで → 振込手数料を差し引いた全額をご返金
  • 2019年1月1日以降〜開催初日3日前の23:59まで(各会場ごと)
    → 18,000円(2日間)をご返金(振込手数料は主催者負担)
    →  9,000円(1日のみ)をご返金(振込手数料は主催者負担)
  • 開催初日2日前 深夜0時以降 → 返金なし(キャンセル料全額)

◆チケット譲渡のお手続き方法

  1. 元の申込者(譲渡する側の人)
    ✉️ 譲渡の申請フォームから主催者へ譲渡のご意向を申請する(フォーム内で「譲渡」にチェック。既に整理番号を配布されていたら、その番号と譲渡したい相手の名前をご記入下さい)。
    ● 参加費を入金済の場合は、譲渡される側の人から支払いを受けて下さい。未入金の場合は、譲渡される側の人に支払を引き継いでください。
  2. 譲渡される側の人
    (元の申込者が主催者に譲渡の申請を済ませた後)✉️申込フォームから新規申込をする(申込フォーム内で「譲渡参加」を選択。元の申込者から引き継がれた整理番号があれば、その番号と元の申込者の名前をご記入ください)
    ● 元の参加者が未入金の場合、参加費は譲渡された側にご請求させていただきます。
  3. (お願い)主催者側での事務処理を円滑にするため、譲渡の申請は、元の申込者と譲渡される側からの譲渡の申請は、両者とも日にちの間隔を空けないうちにフォーム送信をお願いします。
  4. (ご注意)2日間参加での申込の場合、2日分まとめて譲渡の手続きに限り有効です。どちらか1日だけを譲渡することはできません(2日分まとめて譲渡できる人を探してください)。1日だけ譲渡し、1日分のみご返金という対応はできません

申込方法〜開催当日までの流れ 

※ 変動することがあります。  (2018.11.25更新)

→ インターネット上の申込フォームからお申し込み。
→ 申込フォーム受付後、自動返信メールにて振込先口座とご留意事項をご案内。
→ ご入金の確認をもって座席を確保
→ 参加費の振込が確認された方には、当日入場券となる整理番号をメールにて配信。
→ 開催日当日までに必要なご連絡が発生した際は、公式サイト、FACEBOOK、個別メール等でご案内します。

 

留意事項

  • 携帯会社のメールアドレスは使わないでください。万が一、携帯メアドで申込され、自動返信メールや各種ご案内メールの不着による不都合が生じても、それに対する補償やフォローはいたしかねます。(携帯メアドしかない人は、gmailなどのフリーメールを取得するなどで対応してください)。URL付きメールが受信できる設定にしてください。
  • 申込フォームには、必ず 参加者ご本人と直接連絡が取れる情報をご記入ください。連絡先情報を正しくご記入いただかなかった事によるご連絡の遅延や漏れ、それに伴う損害については責任を負いかねます。予めご了承ください。連絡先に変更がありました際は、速やかに事務局までご連絡をお願いします。
  • ご入金の確認をもって正式な申込完了となります。申込フォームの受付日時に関わらず、入金順に座席を確保いたします。入金確認ができない場合、残席状況によっては自動的にキャンセルさせて頂きます。
  • メールを受信後、早割の方は【 2018年12月28日まで 】のご入金をお願いします。早割で申込されていても、期日までにご入金が確認できない場合は、通常価格を適用させていただきます。2019年以降に申込された場合は、申込後から1週間〜10日以内を目処にご入金をお願いします。
  • 座席の確保は入金順です。入金確認ができない場合、申込み状況によっては自動的にキャンセルさせて頂く場合がありますので、お早めにお振込み下さい。(入金確認は毎日していませんので、ご入金いただいた直後に「入金確認しました」メールはお送りしませんが、数日〜2週間前後のペースで確認し、入金が確認できた方から整理番号メール(当日の入場券)をお届けします。
  • 「入金しました」のご連絡は不要です。多数の参加者がいらっしゃるため、個別の入金確認に対する当方からのご返信は割愛させていただきます。定期的に口座管理はしていますのでご安心ください。当方からのご連絡がない限りは、入金は受理されているものとしてお考えいただいて構いません。
  • 領収証は金融機関からの振込票の控えをもちまして、これに代えさせて頂きます。
  • 当日は混雑が予想されます。時間に余裕を持ってお越しください。

 

お申し込み

下記のフォームからお申し込みください。
※ 1フォームにつき、お1人様ずつ申し込んでください(複数名の申込を1フォームにまとめない)。
※ 氏名と連絡先等の情報は省略せず、正確にご記入ください。氏名欄は偽名やペンネームはお避けください。

  • 携帯・スマホの方
    ※ 携帯電話3社のメールアドレスは使用しないで下さい。

✉️ゲイリーACIM・申込フォーム(東京会場)
✉️ゲイリーACIM・申込フォーム(京都会場)
✉️ 譲渡・キャンセル申請フォーム

 

参考書籍のご紹介

参加希望者は、あらかじめゲイリー・レナード氏の著書『神の使者』を当日までに読んでからのご参加をお願いします。こんな話があり得る、とは思えない人にはお勧めしません。もし本を読んで違うと思ったらキャンセルして下さい。さらに興味がある人は、その続編『不死というあなたの現実』『愛は誰も忘れていない』も読まれるとよいでしょう。最新刊は “Lifetime when Jesus and Buddha knew each other” (邦訳は未発売)です。

   

 

主催・お問い合せ

クロニック・スチューデンツ
メール → お問い合せをする(クロニック事務局)
携帯  → 090-6061-9629 幸田

ic_fb Facebook イベントページ
※ Facebookをされている方でご参加予定の方へ。上記のイベントページ上でも更新情報をアップします(現在は準備中)。もしお差し支えがなければ「参加する」をポチッとお願いします★

Top