Home / Event / INEH認定 エソテリック・ヒーリング施術者養成(2年制)

INEH認定 エソテリック・ヒーリング施術者養成(2年制)

May
3

次回の新規クラス(第8期パート1)は現在募集中です。ご関心がある方は INEHジャパン公式サイトから最新情報をご確認ください。

第8期パート1(1B、1C):2022年7月、2022年9月

INEH認定エソテリック・ヒーリング ワークショップ
http://esoterichealing.jp/

 

■状況は社会情勢に合わせて常に変動します。ご関心ある方は、INEH公式サイトhttps://www.esoterichealing.jp で最新情報をご確認ください。

ワークショップ光景

※ 募集中のクラスでも開催半年ほど前になるまでは日程や場所が変更になる可能性があります。
※ 検討中の方向けのコース説明会を時々しています。


※ エソテリック関連の最新情報は、常に下記のサイトで更新されます。
※ 最新情報を知りたい方は、常に https://www.esoterichealing.jp をご覧ください

INEH_HPバナー用-横

エソテリック・ヒーリングの学びを通じて、パーソナリティー3体の統合を目指す。
自己を知り、実生活で自分を生かす術(アート)、
そして、自分にも周囲にも偽善ではない愛と奉仕を手向けるための素養を高める

INEH認定のエソテリック・ヒーリングのプラクティショナー養成コースは、半年おきに計4回のパートを受講し、約2年で基礎カリキュラムが完結する形式となっております。ヒーリングのコースと一言で言ってしまうには、あまりにも薄っぺらい表現ですが、本コースは、形式的なセラピーのテクニックだけを教授するものではありません。人間の叡智、宇宙の成り立ち、魂の本質と繋がるために必要なパーソナリティーの準備、などのヒーリングワークにおける「基礎」を学びます。ヒーリングの理論やテクニックを学ぶことも、きちんと含まれていますが、自己の内面を振り返る機会が多く与えられますので、ヒーリングの方法論だけを学びたい人はご参加に向いていないといえるでしょう。パーソナリティーと魂の統合へと近づくための手助けとなるものです。また、エソテリック・ヒーリング学習の醍醐味は、「ヒーリングとは最終的にはグループによるヒーリングである」事を思い知らされる体験を重ねる中で理解が深まること。施術家の方や他者をサポートする活動に従事されている方にとっては、自分に対しても、他者に対しても、自己治癒が起こるメカニズムや自然治癒力の本質を理解し、それをより実生活に根付いた場面で生かしたいと望まれる方にはピッタリなトレーニングです。

*エソテリック・ヒーリングとは?
http://www.esoterichealing.jp/esoterichealing

最初に受講した同じクラスを約2年かけて合計4回連続して受講する事が前提のトレーニングです
基本的に2年制コースは最初に受講した期のクラスを連続して受講する前提でカリキュラムが構成されています。パート1を受講し始めてから、予期せず進級を中断せざるを得ない状況になった場合、1年後に次期の開催クラスで再スタート(合流)する事は可能ですが、異なるグループメンバーと異なる授業の展開となるため、あまり推奨はしていません。途中パートで長期のブランクが空いたり、1つの同じクラスメンバーとの進級が途切れることは、2年コースの特質から学べるエソテリックの世界観を体感する機会が目減りする傾向は否めません。パート1の受講を検討する段階で、その先の2年コース(計4回)を連続して受講できない予定が明らかにわかっている場合はパート1の検討は先送りにされてもよいでしょう。

 

主催・お問い合せ

INEHジャパン事務局・宮本
International Network for Energy Healing Japan
メール → INEHへお問い合せ
携帯  → 090-6061-9629(幸田)

 

Top