Home / 更新情報 / セルフヒーリング講座(全10日間)シーズン3

セルフヒーリング講座(全10日間)シーズン3

セルフ・ヒーリング講座(全10日間) シーズン3

変わらないテーマです。ヒーリングを不調直しの術とせず、進化の為の方便として捉え、不調の軽減は結果としての副産物、と言うか必然的結果と言う視点で進められます。

内容は前回の終わりに幸田がたどり着いた理解から同じテーマを掘り下げます。ある意味復讐でもあり新しくもあります。

幸田が常々申し上げている立ち位置、総ての理解は誤解であり、その理解/誤解は本人が納得している視点からは正解で、異なる視点から見ると間違いです。ここでは正しいか間違っているかにはこだわりません。今自分の意識が掴める事しか理解できないのです。この物質世界、私たちが人生を送っているこの舞台での体験を物事の判断の基準にするのか、この物質世界に限らない視野を持ってこの世界を判断するのか? 違った次元から物事を解釈できればまた違う正解に出くわします。肉体レベルではこの物質次元での決まりには抗えないながらも、この世界の現象のみに囚われずに生きる事が可能になる事を提案しています。以上の立ち位置からこの講座は幸田の誤解にお付き合い頂ける方の募集となります。

わざわざ誤解をシェアしてなんの意味があるのかと思われるかも知れません。殆ど意味は無いと言っても過言ではありません。幸田がこれまで様々な、学びをしてきた事柄総ては、その基になる誤解ありきで成り立っています。勿論”これは私の誤解です”と言って教わったものは何一つありません。”これは私の誤解です”と言う事が当たり前としているだけでも、より真実に近い誤解であると自負しながら、それは相変わらず自分の個人的な誤解であることがはっきりしているのです。パラドックス的である所がリング・パス・ノットに封じ込められている所以でもあるのでしょう。しかし、そのことに気付いているか、いないかがこの道の入り口に立つかどうか、と言う事なのだと思います。皆さんがそれぞれに自分の誤解を納得できる形で生きる事が出来れば、私はそれをヒーリングと呼んでも良いと思っています。

多くのスピリチュアルの実践がこの世界はマーヤ/グラマー/イル-ジョン(錯覚、幻想、錯誤)であると言います。この事は量子物理の世界では何の疑問もなく合意されます。しかし、私たちの日常意識は量子物理、または古代の叡智が明らかにした次元で生きてはいません。私たちのこの次元では錯覚こそが現実なのです(すべての理解が誤解であるのと同じです)。しかし、それはほんのつかの間のことです。

光のスピードで何万年何億年もかかる広大な領域での物差しからすれば、私たちの一生はその存在を認識できるレベルですらない、ほぼ無いに近いのです。それこそ錯覚というか、存在したことが気のせいというレベルです。魂という存在を対象に物を見るときは、もう少しだけその意識を広げる事ができます。そして、その魂こそがこの次元での人生から病を取り除く術を知る、ジュアル クール大師の言う”内なるヒーラー”なのです。単純な言い方をすると、パーソナリティが魂の意図に対して葛藤する事が病の根源と言われているのです。

それ故私たちはこのヒーリングを通してエゴが葛藤を起こさない様に魂目線で生きる事を選択しようとしています。陥りがちな誤りである、魂目線で見ているつもりになっている、エゴ目線での解釈を繰り返し自省して、私達が抜け出し難い意識の境界(リング・パス・ノット)の外へ抜け出す試みでもあります。

このコースでは、3つの体(肉体/エーテル体、感情体/アストラル体、思考体/メンタル体)と7つのチャクラそして7つの光線の関係から病の原因である、魂とパーソナリティの間の葛藤を理解して行く事を試みます。エソテリックヒーリングの法則、特に法則1~法則5を追求し、色んなレベルでの一時しのぎ的ではない、根本的な思い込み(イルージョン)を白日の下に晒し、囚われ(グラマー)を払拭し、錯覚(マーヤ)に無頓着になれる方向性を探ります。

毎回、原理をお話しした後、その原理をもとに実習を行います。

現地参加とZoom 参加のハイブリッド形式で、ご都合の良い参加方法をお選びください。

現地参加の方がお勧めではあります。Zoomは録画いたしますので、参加できなかった時の為の見逃し配信もいたします。録画配信は1ヶ月限定となります。

ひとつ前のテーマの上に次のテーマをつないでいきますので、途中参加はできません。ただし、クラスの進行に追いつくためのビデオ視聴をする場合は途中参加ありです。

今回は最初の4日間を大前提に進めて行きますので、基礎としての最初の4日間のみのご参加も可能とさせていただきます。

但し決まったプログラムではない為、次回の講座で後半だけを受講できると言うものではありません。

以下に進行の目安として、各界のテーマを掲げておきますが、クラスの流れに応じて変化、変更の可能性が大いにありますのでご了承ください。

各回のテーマ   

開催日

第1&2日目 2024年6月8日(土)、9日(日)10:00〜17:00  

テーマ:法則性7,3,2,7つのチャクラ、3つの体、2極性(2元性)、      アラインメント、ラディエトリー/マグネティック

第3&4日目    2024年6月15日(土)、16日(日)、 10:00~17:00    

テーマ:7つの光線、基本的な特徴とその現れ、ヒーリングの法則、          光線とヒーリングとの関係、イルージョン/グラマー/マーヤ

第5日目  2024年7月7日(日) 10:00〜17:00   

テーマ:エーテル体/肉体の光線と不調の原因、2元のバランス、3側面の調和、7つの表現

第6日目  2024年7月21日(日) 10:00~17:00       

テーマ:アストラル体/感情体の光線とエーテル体/肉体又は思考体/メンタル体との関係

第7日目  2024年8月4日(日)10:00~17:00       

テーマ:思考体/メンタル体の光線と他の2つの体との関係、魂との懸け橋

第8日目  2024年8月  18日(日)10:00~17:00       

テーマ:3つの体の調和/不調和、統合/不一致、それぞれのニーズと魂のプラン

第9日目  2024年9月8日(日)9:30~16:30       

テーマ:各チャクラを介した3つの体の調和とそれぞれの体に於ける魂の表現

第10日目  2024年9月29日(日) 10:00~17:00          京田辺(ばいおむ)

テーマ:パーソナルヒーリング/グループヒーリング、ミクロ/マクロ、フラクタル、ホログラム、             目の置き所、心の置き所、身の置き所

 

♠参加者からのご感想: 

良く聞くけれどきちんと学んだことがなかった、チャクラ、エネルギー、エーテル体、アストラル体などについて知りたいという興味と、ラディエトリーヒーリングという概念に惹かれて受講した素人ですが、胎生学、解剖学、その他の多岐にわたる知識に基づいた幸田さんの考察は、とても腑に落ちました。第1回後、自分なりにほぼ毎日エクササイズを続けるうちに、確実に体が変化していることを実感。さらに、第4回後の1ヶ月間、自分の光線についてじっくり考えたことで、自分の固定観念に気付け、メンタル面が変化。そうして迎えた第5回のグループワークは深くて濃い体験となりました。人生の節目となる5ヶ月でした。M.W.

 

とても有意義な時間をありがとうございました。秘教治療の本で、エソテリックヒーリングを概念的に学んでいたのですが、難解で消化できない部分が、幸田先生の説明で理解出来ました。本の内容は、例えるなら、塩はどんなものか、成分を分析するものでしたが、幸田先生のセルフヒーリングは、塩はどんなものか、食べて味わえでした。塩を舐めさせていただいたことで、言葉では説明できない貴重な体験が出来ました。秘教治療でも、7つの光線について触れていましたが、正直、血液型性格診断のようで、まったく関心がありませんでした。しかし今回、幸田先生の講義で、エソテリックヒーリングには欠かすことの出来ない大切な概念だと認識が変わりました。人を変えようとしたり、人に対し劣等感を持つと、不幸の道をあゆむことになるのは、魂の計画で選んだ光線を否定することになるからなのですね。これから臨床で役立てたいと思います。臨床で、患者さんの内面を理解することは不可欠ですが、自分の内面については考えたことがなく、光線を通し自分の傾向にこれほど向き合ったは初めてです。気がつかなかった自分を知る良い機会になりました。秘教治療では、まとまって書かれていない、法則につてまとめていただいたのもありがたかったです。いただいた資料と抗議のメモを基に理解を深めようと思います。私の治療理念は「霊肉救済」です。患者さんには、身体を癒すだけでなく、幸せになってほしと願いながら施術していますが、究極的に、自分を癒し幸せになることが、患者さんを癒し幸せに導くことなのだと腑に落ち、これから治療を考える上で大きな指針となりました。エソテリックヒーリングも学びたいのですが、日々の臨床が多忙で時間が許しません。また物欲も性欲もあるので、治療家に求められる資質を満たす聖人君主のような生活も出来ません。エソテリックヒーリングは、また来世で幸田先生から学びたいと思います。私にとって、セミナー料金以上の大きな収穫がありました。ありがとうございました。 K.O.

 

自己の癒しのために受講しました。5か月間の長丁場でしたが、講義中、エキササイズ中に、そして講座と講座の間の日常生活の中で、大切な気づきとたくさんの癒しがありました。エキササイズは私に簡単で癒し効果があるものがありお気に入りはお風呂中にやってみたりしてます。光線のパートでは気づかなかった自分を知ることができ(暗いところも、明るいところも)自分を受け入れる作業が進みました。いつかは訪れてきてくれた癒しでしょうが、講座に参加することによりその時期が早まったように思います。その癒しの原動力のエネルギー?は先生はもちろん参加されたみなさんからもいただいたと思います。場の力というか、人と居ることの良さを感じました。理論は不器用な頭ですから一部苦戦しましたが、いつでも質問できる雰囲気なので助かりました。 M.N.

 

何だか、生活を送りやすくなった感じがします。自分のことや、他の人のこと、世の中の出来事など客観視する様になって、自分の感情の波をやり過ごすことが、少しだけ、まともになったというか、そんな感じです。人類の進化に貢献できるかどうか、わかりませんが、ちょっとずつ、自分を癒してあげようと思います。ありがとうございました。 R.M.

 

会場

京田辺 “ばいおむ2F”  又はZoomでのオンラインのハイブリッド開催

参加費

10回分一括払い  ¥121,000(税込)

復習者 一括払い¥60,500(税込)

前半4日間のみの参加 ¥66,000

後半6日間(前半受講者対称)¥77,000

 

キャンセルポリシー

・お申込み&入金後のキャンセルは、キャンセル料20%を申し受けます。ご返金は振込手数料を差し引いた金額をお振込します。

 

お申込・お問い合せ

下記のフォームからお申し込みください。下記の留意事項をご確認の上お申し込みください。

申込フォーム

お問い合わせ


申込にあたっての留意事項

携帯会社のメールアドレスは使用不可。自動返信メールやクロニックからの連絡が届きません
● 申込フォームには、必ず 参加者ご本人と直接連絡が取れる情報をご記入ください。連絡先情報を正しくご記入されない事による連絡遅延や漏れ、それに伴う損害については責任を負いかねます。予めご了承ください。連絡先に変更がありました際は、速やかに事務局までご連絡をお願いします。
● ご入金の確認をもって正式な申込完了となります。申込フォームの受付日時に関わらず、入金順に座席を確保いたします。入金確認ができない場合、残席状況によっては自動的にキャンセルさせて頂く場合があります。予めご了承ねがいます。
● 領収証は、金融機関からの振込票の控えをもちまして、これに代えさせて頂きます。(特別な事情がある場合はご相談ください)

主催・お問い合せ

クロニック・スチューデンツ
メール → お問い合せをする
携帯 → 090-6061-9629 幸田

 

Top