Home / ワークショップ情報 / 海外講師ワークショップ情報 / ニーラジャ瞑想イタリアツアー(サットサン合宿&アッシジ巡礼)

ニーラジャ瞑想イタリアツアー(サットサン合宿&アッシジ巡礼)

パパジの愛弟子、ニーラジャと過ごす、サットサン瞑想リトリート&アッシジ巡礼ツアー

ツアー期間:2019年7月19日(金)~27日(土)イタリア

★ ニーラジャからのメッセージ

「私」という夢から目覚めましょう


既成概念、アイデア、そしてイマジネーションと言う曇は、偽りの「私」に燃料を注ぎ、気づきを覆い隠しています。そして、その雲の上、私達の本来の状態へと、どのようにして昇っていくのか?

気づき無くしては、そもそも思考というものは起こり得ない事を発見します。

「私」は空にある雲のように、気づきの中にぽっかり現れます。でもそれは夢にすぎません。

もしあなたがその夢を夢と見破ったなら、あなたはなすべきことを全てなし遂げたと言えます。

そうすれば、人生は手放しのお任せ、内なる平和、そして真の目的に沿って生かされる事になるでしょう。

初心者さんも、熟練の経験者も、どんな方でも歓迎いたします。

ー Neeraja( Sri Papaji Center)

■参考情報


◎ 昨年2018年のイタリアツアーの様子(写真)

https://www.facebook.com/pg/chronicstudents/photos/?tab=album&album_id=1924433567651073

◎ 過去に開催した瞑想セミナー
(ニーラジャのプロフィールや瞑想センター情報も載っています)
https://chronicstudents.com/neeraja_2017/

◎ 吉野山での瞑想リトリートの様子(写真)
https://www.facebook.com/pg/chronicstudents/photos/?tab=album&album_id=1649149645179468

 

開催概要

航空券はこちらから提案いたしますので、現地集合時間にまにあう便を各自で手配して頂きます。現地空港集合の団体セミナー合宿と言った感じです。現地で全員揃った時点でシャンティガイアに移動します。シャンティガイア滞在中は自然の中での瞑想合宿で静かな時を過ごしていただきます。今回はローマの街へ出ていく予定はありません。24日に向こうで手配された車両でアッシジへ移動します。アッシジでは観光を予定しておりますが、シャンティガイアでの瞑想リトリートの延長として、聖地アッシジでの軽めのワークショップが行われつつの、ゆったりした観光を考えています。海外旅行という特性上、進行状況は常に変動することがありますから、ご不明点は残さず、その都度、幸田にご相談くださいますようお願いします。

基本ワークショップ合宿ですが、それをさておいて、アッシジへ旅するだけ、と考えてもこの日数でこの旅を安心してお任せできる現地の付き添い込みでこの価格は破格です。

 

ツアー期間

2019年7月19日(金)~27日(土)
全8泊9日(出発7/19~帰国7/27)

 

旅程

7/19 日本発
7/19 現地着
7/19 – 7/23 瞑想リトリート合宿
(シャンティガイアで4泊)
7/24 – 7/26 アッシジ巡礼・観光&瞑想リトリート
(現地の宿泊施設で2泊)
7/26 現地発
7/27 帰国

 

参加費

各主催者への支払いは、以下の通りになります。

A)申込金 … クロニックに支払

早割 43,200 円 (※1)3月末迄に申込
通常 54,000 円 (※2)4月以降に申込

※1:早割は、3月末までに申込フォーム送信し、4/1〜4/30の期間中に入金できる人に適用します。
※2:4月中の入金が可能であっても、申込フォーム送信が4月以降になる人は早割になりませんのでご注意ください。

B)現地での参加費 …シャンティガイアに支払
650 ユーロ(現地通貨)
宿泊費と3食の食事代が含まれています

申込金を4〜5月にクロニックに支払い、現地に着いてから 650 ユーロをシャンティガイアにお支払いいただきます。

更に、アッシジへの移動、滞在、食費&観光費はプラスアルファで費用がかかります。ただいま、向こう側で手配中ですが、個人でホテルをとって滞在、食事するよりは余程安価になる見込みですので、日本で2泊3日の旅行をする程度とお考えいただけば良いと思います。

 

参加にかかる費用の目安

申込金  :43,200~50,000円(税込)
現地参加費:650ユーロ(約9~10万円・レートによる)
合宿所・宿泊費:無料(参加費に含まれている)
合宿所・食費 :無料(参加費に含まれている)
アッシジ・宿泊費&食費:自己負担(ホテルはパパジセンターで手配食事はシャンティガイア同様全員で食事)
アッシジへの交通費:自己負担(レンタカーなら参加者で割り勘)
航空券代   :自己負担
観光中の出費 :自己負担(アッシジ滞在や空港にいる間のみ)
海外旅行保険 :自己負担(任意)
パスポート  :自己負担

 

自己負担のシュミレーション

自己負担の部分は個人差があるので、検討される方もお迷いになるかと思いますが、昨年の様子では、シャンティガイアの合宿所に滞在中は綿密なスケジュールに沿って、睡眠以外の時間は瞑想と講話で過ごしているので、個人のお金を使う事は殆どありません。アッシジ滞在中も自由行動タイム以外は、おおかた集団行動をしているので、個人で旅行する時よりは高価な買い物や外食などで小遣いを散財する雰囲気ではないかと思われます(ゴパールさんの手配されている様子では、アッシジは観光的な要素もありつつ、現地のリトリートセンターでワークショップ継続という感じです)。

昨年のローマ観光3日間は、合宿所から車で通える距離圏でしたので、朝夕の食事は合宿所に戻って食べていました。そのため観光3日間で使った個人出費は、昼間のカフェや自由行動タイムの土産物を買うくらいだったようです。レンタカーはマイクロバスを割り勘で高額ではなかったそうです(昨年の参加者談)。しかし、今年のアッシジは昨年とは少し異なります。合宿所から日帰りで往復できる距離ではないため、アッシジで2泊します(ローマからアッシジへの交通費とアッシジでのホテル代がかかる)。アッシジでの宿泊は、パパジセンターで手配しますが現時点では宿泊費の詳細は分かりません(ゴパールさんの方で、なるべく負担少ない方法を考えてくださいますが、参加人数によっても変わるでしょう)。なので、アッシジ期間中の費用は、日本国内で2泊3日の旅行をするのと同程度の出費があると見積もっておいてください。今年の参加費はアッシジでの宿泊費がかかる事を考慮して、昨年よりも値下げをしてくださいました。昨年と同様、普通に個人旅行をするよりはお得で素敵な体験ができるツアーになっています。この値段で現地に精通したイタリア人に、効率よく観光や巡礼場所に連れていってもらえるのは滅多にない機会かと思います。

 

航空券の手配について

航空券は各自で手配していただきます。予定の便は開催決行が確定したら、幸田が待ち合わせしやすい便名をお調べして、参加者に連絡をしますので、それから予約に進んでください。ローマ空港で現地集合となります。費用や快適さの面から、航空会社はアシアナ航空をご提案しますが、基本的には現地集合ですので、集合時間に間に合うなら、どの航空会社でも構いません。航空券運賃は航空会社によります(1月調べでは、アシアナ航空が10万円強でした)。

・どの便で行くか、いつ購入するかで、金額は変わる。
・日が経つにつれて金額は高くなり、残席も減る。
・迷い中の人は、考慮にいれてください。
・参加者が同じ時間に現地集合しやすい便は別途連絡します。

 

最小催行人数

15名
開催決行の判断は、3月末日時点、又は3月を待たずして、参加申込の人数を鑑みて決定します。

 

キャンセルポリシー

5月末迄のキャンセル→ 15,000円を申し受けます
6月以降のキャンセル→通常申込金  54,000円の半額 27,000円+振込手数料

 

海外旅行保険

海外旅行保険への加入をお勧めします。万が一の渡航先での事故等にこちらはは対応しきれません。参加者は自己責任の元での渡航となります。皆さんがお持ちのクレジットカード付帯の保険や、既に加入中の保険で海外旅行もカバーできる物ものあるかと思いますので、各自で都合が良いものを選択して頂ければ良いとか思います。

 

パスポートの確認

イタリア入国時に3ヶ月以上の期限が残っている必要があります。ギリギリ足りない人は、パスポートの切り替えをすると旅券番号が変わります。参加意志がある方はパスポートの有効期限を確認してください。

 

合宿所(シャンティガイア)について

パパジセンターの合宿所では、ユースホステル的な部屋で止まります。2名1室で宿泊します。シングルルームはありません。瞑想リトリート期間中は、朝夕の食事つき(オーガニックのベジタリアン)。クラスメイトと共同生活の形です。自分達で料理・掃除・洗濯を分担します。2名1室の相部屋ですが、滞在中は殆ど瞑想部屋にいるか、共同での食事場所にいるかなので、就寝時以外は自室に引きこもる時間はそんなにもありません。なので相部屋である事に抵抗がある人も、他者との同室を気にする暇もないかと思われます。

 

集合・解散

初日の集合場所:レオナルドダヴィンチ空港
到着ロビーでの集合。迷子になることはないと思いますが、ほぼ皆さん同じ旅程で移動になると思いますので、こちらで参加者の便を把握し、同じ便の参加者同士が連絡を取り合えるよう配慮します。初日の集合時間に集まりさえすれば、個人旅行で先にイタリア入りしても、滞在を延長して旅するのも自由ですが、リトリート開催期間中の現地行動は、団体行動に順応していただくようお願い致します。

 

申込フォーム

申込フォーム
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=72ff528ce72faa72

 

問い合せ先

roldenkranio★me.com(幸田良隆)
090-6061-9629

イタリアに関するお問い合せは、幸田が窓口。
(馴染みの常連さんへ:くれぐれもスタッフ宮本には質問をしてこないで下さい)

 

Top