Home / Event / IYF認定ラージャヨガ指導者養成トレーニング(2022年12月)

IYF認定ラージャヨガ指導者養成トレーニング(2022年12月)

Dec
6

IYF認定ラージャヨガ指導者養成トレーニング(基礎モジュール1&2)

基礎1:2022年9月〜11月(オンライン講座)終了
基礎2:2022年12月〜2023年2月(オンライン講座)開催中

 

IYF(国際ヨガ連盟)認定のラージャヨガ指導者養成トレーニングが始まります。

このトレーニングは、西洋圏を中心に広く普及しているフィットネス的なヨガの講座とは一線を画すもので、肉体、感情、思考、魂、霊、の全人的な進化を目指す方のためのヨガ講座です。肉体部分の訓練となるハタヨガの時間では今どきの種々のスタイルも紹介されつつ、それと並行して、ヨガの古典を学ぶ時間では、呼吸法、瞑想法、哲学の履修にも重きがおかれています。ラージャヨガ教師歴34年のエレカ・クラーリンゲンが、1人1人にとって滋養となる時間、そして自己成長の機会となる空間を提供します。

ラージャヨガTTC

認定コースは、全7モジュールによって構成されており、日本開催では、年1回のペースで、全7モジュールを7年間かけて完結する予定です。

基礎モジュール1 1回3時間 ×10日間
基礎モジュール2 1回3時間 ×10日間
インテンシブモジュール1 1回3時間 ×18日間
インテンシブモジュール2 1回3時間 ×18日間
インテンシブモジュール3 1回3時間 ×18日間
インテンシブモジュール4 1回3時間 ×18日間
インテンシブモジュール5 1回3時間 ×18日間

ヨガの認定講師の資格取得も叶うトレーニングと言う体裁ではありますが、資格認定にこだわらず、自己修練と自己成長のためにヨガを学びたい方には、どのモジュールからでも参加可能、又は単発モジュールへのご参加も可能です。

 

🔴基礎モジュール1
以下のトピックを扱いました。

●生命の倫理
●高次の意識領域におけるさまざまな段階
●様々な瞑想法のバリエーションを体験する
●「愛」の質を実践的に表現する
●「苦悩の原因」に関する哲学
●日常生活におけるヨガの実践と統合
●内なる自由
●アーサナの練習、実践の構成を学ぶ

—————-
これらを踏まえて、基礎モジュール2では、次のことを扱います

🔴基礎モジュール2
●ハタヨガとラージャヨガの各段階(学びのステップ)
●アーサナの練習、実践の構成を学ぶ
●プラナヤマ(呼吸法)、ムドラ、パンダの扱い方
●ヨギーとしての食べ物、食養
●より高次領域の意識に向かうための瞑想の各段階
●スピリチュアル生活における罠、落とし穴。
●日常生活において、意識的にヨガを生きること、ヨガを統合していくこと

基礎モジュール2では、パタンジャリのヨガスートラとハタヨガ・プラディーピカを素晴らしく深める体験を提供します。基礎モジュール1を受講していなくても、YSP1とは異なるテーマを扱うため、YSP2からの参加でも全く問題ありません。
このモジュール2の最後の方では、ヨガと瞑想の「八支則(心を訓練するための8つの段階)」をおさらいし、それと並行してハタヨガ・プラディーピカのテキストを勉強していきます。それを踏まえて、後続のモジュール3と4のクラスに進む予定です。

 

講座案内ページ

詳しいご案内とお申込方法は、以下の特設ページでご確認ください。

■IYF認定ラージャヨガ指導者養成トレーニング 案内ページ
https://www.esoterichealing.jp/rajayoga

主催・お問い合せ

主催:クロニック・スチューデンツ
お問い合せをする(メール)
共催:La Borde Blanque
協賛:INEHジャパン(エソテリック・ヒーリングの国際ネットワーク)

 

 

Top