Home / 更新情報 / ダイアフラミクス(横隔膜体操)基礎講座

ダイアフラミクス(横隔膜体操)基礎講座

ダイアフラミクス横隔膜体操)オンラインワークショップ

基礎講座10回シリーズ 第3弾

横隔膜体操基礎講座第3弾です。 オンライン開催ですが、オンラインでも皆さん結構できるようになるので、引き続き新しい参加者を募って開催いたします。

大したことをしないのですが、本当に身体の循環、解毒、代謝、姿勢、動作、自律神経、その他あらゆる面がより健全に働くようになります。

前回からの継続も大歓迎です。 ただしこのクラスでは、初心者の為に特にゆっくりじっくり進めることに注意しようと思っています。 結局はその方が身体で理解するのに助けになるからです。 テンポを上げて進めたい方はボディーフルネスのクラスへご参加下さい。

横隔膜体操はコンティニュアムで使われる動きや呼吸/発声を、よりシンプルにエクササイズ的に構成して、日常のエクササイズとして、身体の可能性が育って行くように工夫したものです。

身体を動かすのですが、実用的な動きではなく、特に目的のある動作ではありません。

スポーツやダンスの様な手足の動きで操作、表現する動きではないので、決まったフォームや振り付けはないのです。 自分の今の身体が創り出す動きを感じ、それがより細かに複雑に動けるようにしていく過程は、年齢とともに衰えた身体を回復させる以上に今まで使っていなかった、使えなかった身体を開拓するメソッドです。

身体の潜在力を広げて順応力/適応力を高め、意識的な動作の為ではなく、順応するためにスタンバイしている潜在力を高めます。 潜在する順応力/適応力のおかげで日常の全ての動作の質がより調和したものへと進化していきます。

簡単な発声法、呼吸法を使い、呼吸の集散や、発声の響きが、身体全体に行き渡る様に、つまり身体全体で情報を共有できる環境を作っていきます。 代謝の働きに於いて身体全体のコミュニケーションが滞りなければ、調和の取れた消化吸収、排せつ、免疫、治癒がなされる豊かな土壌が創られるでしょう。

横隔膜の働きの性質上、骨盤底や胸郭入口/出口との間での水平の膜的構造の相互関係によって生じる胸腔/腹腔内圧のグラデーションと、横隔膜の活動部位をコントロールする事によって与えられる動きの方向性を多様に探求して行く事で、骨盤の歪みや動き、股関節の収まり具合、仙骨の位置や動き、肩や首の位置や動きに新たな可能性をもたらします。そして何よりも横隔膜体操が大きなターゲットにしている個々の背骨、肋骨の動きが、全体と調和的に独立性、多様性を発揮できる様になるのです。

これらは、身体が整う歩き方への下準備でもあります。 (そのうち歩き方の講座も再開したいと思っていますが、先ずは私が提案する歩き方ができる為の身体創りが必要です)

*オンライン開催で、Zoomのアクセス案内を開催2~3日前にお送りいたします。

*参加できなかった方や復習の為の見逃し配信を次の開催日迄の期間限定で行います。                    ワークショップ後2~3日中にアーカイブのアクセス情報をお送りいたします。

 

日程: ①4月10日、②4月24日、

③5月8日、④5月15日、⑤6月5日、

⑥6月19日、⑦7月3日、⑧7月17日、

⑨7月31日、⑩8月7日

全日程曜日20:00~21:30(90分)

参加費: 全10回一括 ¥27,500(税込み)

各回払い¥3,300(税込み)

*途中参加はそれまでのクラスをアーカイブ視聴する事で参加可

 

お申し込みページ

 

♥既参加者からのご感想:

 

以前左右差について質問しましたが、その後教えて頂いたとおり小さく丁寧にを心がけて続けたところ、程なく大きな左右差は改善されました。
右の動きが悪かったのですが、右は手術痕や骨折の経験があるので、丁寧にやっていると今もその周辺に筋の萎縮を感じますが、続ける事で良くなるのを感じられ、縮みやすいけどやれば良くなる、という希望を感じられます。
そして以前も書きましたが、胸椎の硬さが随分取れました。
骨盤底やの動きが良くなり、ヨガの呼吸法であるバンダ(骨盤底  喉のコントロールによる内圧操作)が非常にやりやすくなり
呼吸法の効果も高まりました。
ちょうど講義後半に、寝て起きると腰痛を感じるようになっていたのですが、最終回にその説明もあり、安心しました。
胸椎に対し腰椎は動きやすく緩いので、バランスに気をつけてやるようにしています。足の回も目から鱗でした。
今まで自分で足指や距骨まわりなど自己調整しており、元々の扁平足からかなり改善はしていましたが、今回一つ一つの骨を縦回転回転すり鉢などあらゆる方向に動かす事をやるようになって、足が更に繊細に目覚めた感じです。
毎回丁寧にわかりやすく繰り返しながら進めて頂いた事で、メモを取らなくてもしっかり身体で覚えた感じです。歩いている時も背骨一つ一つがかすかに動く感覚を持てるようになり、そのお陰でエネルギーが巡り冬でも暖かいです。
今まで背骨を固めて歩いていた事に気づきました。
コンティニュアムにも以前から興味がありますが、東京開催の日曜日は一日中仕事の為伺えず残念です。いずれ機会を見つけて参加できたらと思っています。
ありがとうございました。またよろしくお願い致します。
M.S
これまで、在ることが当然と捉えるともなく捉え、進み続けていた"身体"でしたが、自身のbodyを乗りこなせてないなという感覚が過ぎり、向き合い沿う数年です。2023年夏に、この度の幸田先生の『 体操 』に出合えて、
どこかでは"地球の地表面"と聞いていたこともあり、何か結びつくものを感じて受講いたしました。10回中、日々の修練とまで成らず、
また初回は脱力が弱く感覚が掴めず、何を行うか解らず居りましたが、
幸田先生にお尋ねして疑問を埋めることで、1h半のworkを重ねるうちに、身体の弾力感と、それにかさなって脳内の解放にもなっている感覚を持つようになりました。『 スタンバイする部位・使える場処を増やす 』、『 イメージ 』とのお言葉に、自身の身体・心身に対して、拡がりや伸びやかさとして捉えるられるようになりました。おおきな目に見る「 運動 」ではなく、身体に撓みや余白が生まれるように描かれます。全体性として可能性やミクロコスモスの偉大さに、少しでも出合ってゆけるよう、愉しみにいたします。
幸田先生のとても温厚なご講義とワークでの10回を通しまして、
ご経験の大きさ深さをご教授いただきました。新たな視点・世界観となる大変貴重なクラスでした、有り難うございます。
K.T

10回の講習ありがとうございました。これまで、yogaなどで腹式呼吸を教わってきましたが、胸式呼吸や横隔膜を動かす呼吸の違いや、そもそも呼吸は胸・肺でするものというのが今回よくわかりました。また、足を細かく刺激したあとに立った時の感覚は、まさしく地に足がついた感じでした。膝の痛みを少し楽になりました。フープレスや波のような呼吸は自分ができているのか?よくわからなかったので、機会があれば、1日講習的に実際にお会いして研修を受けてみたいです。ありがとうございました。A.K

 

体操10回コースを受講してみて、

1回目は呼吸と内臓を動かす練習をしたら、コントロールが難しくて身体が上手く動きませんでした。

大変な体操だと思いながら、でも根気よく動かしていると、最初よりは動くような感じで、
次の日はなんだか若干の身体が軽くしなやかな体幹を感じました。回数を重ねるとその感じが持続して、毎日は練習出来ないですが、とてもいい体操でした。
幸田先生のレクチャーもわかりやすく普段使わない所を意識する体操はとても今の私に必要な体操でした。
ありがとうございます。Y.E

横隔膜体操の初回でまず、肋骨周辺がなぜか筋肉痛のような感じになり、わざわざ動かしているつもりはぜんぜんないのだけど、横隔膜周辺の、凝り固まった筋肉が使われ出したのだなぁと感じました。 初めは喉に力が入っていてやりづらい、力を抜かないとうまくできそうにないなと感じたものの、回を追うごとに、力を抜くことなど意識もせずに、だんだんとからだの緊張している部分が、緊張をやめはじめ、勝手に力が抜けるようになってきました。 今までここがまっすぐ(センター)と思い込んでいたところで立ったり動いたりすると、なんとなく違和感を感じて、からだの中にエネルギーが通るというか、バランスも変わってきたようです。 フーブレス〜横隔膜体操をしていると、からだがふわ~っと軽くなっていきます。 頭もぽけ〜っとするのでいいのか悪いのか(笑)とにかく気持ち良いのです。 初回に比べて最後のほうにはだんだんとコツも掴めてきて、出来る出来ないもなく、あとはだんだん滑らかに、どれだけ繊細に動くようになるか続けてやってみるだけ、と何を目指すわけでもないけど、気持ちがいいので続けたくなります。 個人的なことですが9回目のレッスンの頃にコロナに感染してしまい、肺のあたりが詰まって呼吸ができずとても苦しかったのですが、寝ながらフーブレスと横隔膜体操をしてみました。 呼吸が深く入るようになり、ずいぶんと楽になりましたので、コロナにもよく効きますね(笑)背中がかたいのと、ひざの靱帯断裂の後遺症があるので、横隔膜体操を続けて、どんどん背中や膝を柔らかくしていこうと思っています。 今までありとあらゆるボディワークを長年試してきましたがどれも今ひとつ、とずっと悩んできました。 でも横隔膜体操には、理由はなぜだかよくわからないけど、ビシバシ可能性を感じまくります。 本当におもしろいですよね。 C.S

 

「横隔膜を呼吸筋としてではなく、波のように内側からからだを動かすために使ってみる」。オンライン講座で行うことを聞いたとき、私の頭の中には???がたくさん…。解剖図をふまえた説明で、横隔膜が肋骨や胸骨・肋骨を裏打ちするように内側についているのはわかったけれど、呼吸しながら動きに使うって???今までやったことのない動き方を求められ、はじめは、できるだけ力を抜くことも難しく、「波の動き」も脚や背筋や腹直筋で何とかかたちだけは似たような動きをしようとしてしまい、なかなか掴めずにいた。それでも、続けていくうちに(私は十数回目のレッスンでようやく)、横隔膜によるからだの中の内圧の変化・内圧の移動が動きとなるという手触りというか身体感覚を感じ、腑に落ちた瞬間があった(実際に横隔膜そのもののありかや感触を味わっている感じがしたのは、もう少し後だったけれど)。そこからやっと、講座の本当の入り口に立てたと思う。そして今も、講座のなかで先生が提案して下さるさまざまなアプローチにトライしてみるなかで、動きながら自分のからだから新しく気づくことがある。おかしな表現だけれど、私は自分のからだに対して、前よりもずっと信頼を置いているように思う。ふとしたときに、前よりも楽に、豊かに動いてくれたからだに出会うと、嬉しくなる。「横隔膜体操」を伴侶に、外側からやってくるさまざまな波にも、そのときどきで上手に流されたらいいかな?と思っている。 Y.F.

 

呼吸時に横隔膜がうまく下がらない感覚がずっとあって、息を吸うことで姿勢や動きや気分のバランスが悪くなる感じがしており、ここに何か一つ変化のカギがあるかなと思い、自分なりに呼吸からのアプローチを試していました。なので、今回の横隔膜体操は、とても直接的でタイムリーだったのです。本当に横隔膜を動かせているのかは、とてもあやしく、フーブレスに一番苦労しているぐらいですが、このあとも気長に楽しく続けていけそうです。全体として、とてもいい感じです。特に、この4年くらい、背中の真ん中でひっかかっているような痛みがあり、シリーズの始め頃は更に痛くなったので、何か関係ありそうだと思いつつ放置していましたが、8回目が終わったころににふと気づくとほぼ消えていました。これはちょっとびっくりしました。足のワークも、とても即効性が感じられます。習慣には戻ってしまうのですが、こまめに少しづつでも継続すると、とても良さそうです。股関節がもともとうまく乗っていなくて、いまだ股関節探しは上手くいきませんが、これもボチボチといろんな方向からアプローチすれば、変わってはいくと思います。最近、コンテンポラリーダンスのための体の使い方を、のんびりペースで学び始めましたが、今回の横隔膜体操+普段の動きの探求とで、ちょうど相乗効果になっているらしく、50代終わりかけにして、今からどんどん進化する気になっています。よいタイミングで横隔膜体操に出会えました。ありがとうございました。 F.O.

 

始まった頃は、今までやったことがない動きに正直、戸惑いました。そのうちになんとか見よう見まねでついていけるようになりました。ある時、経験したことがない(なので表現できませんが)身体感覚を感じました。新鮮でした。それはもしかしたら未知の自分(?)につながっているのでは?と思います。(歳は関係ないですよね?)理由ないのに突然泣けたり、瞑想状態になったり、なぜか心身がすっきりしたり、とかすることもありました。(リラックスしたから?)やったことがない動きは、心身共に浄化する可能性があるのかも?と思ってます。自分でできる身体のメンテのヒントもたくさんありました。かわいいお子さんと一緒に参加されておられる方もおられアットホーム、ゆるゆるな雰囲気も良かったです。最終回近くのアーカイブ動画を見ながら復習しました。慣れてきた横隔膜の動きをしっかりやり、足の部位もていねいに感覚を意識して最後に床に立った時ですが。身体がなくなったというか、周りの空気と自分が一体化したように感じました。意識も遠のいて、悲しくないのに大泣きしました。何かが浮上し浄化されたように感じました。全身がゆるんだのだと思いました。良かったです。 M.N.

 

横隔膜から身体の内側動かすというアプローチがとても新鮮で面白かったです。1回目から肩甲骨辺りをクルクルすると感じたことのない心地よさがありました。何がどうだったかは定かではないんですが10回目がとても面白く感じました。10回目は肝臓、胃、腎臓が刺激を受けたようでした。フェルデンクライスをする前から右の腰背部が凹んでいるのに気づいていました。治そうともしていませんでしたが、何をしてもあまり変化はなかったんです。が、今回内臓をマッサージしてみようと肝臓、腎臓辺り特に背中側を意識してクルクルしてみました。時間が経ってから左側よりも右側の腰背部の筋肉がふっくらとしているのに気づきました。肋骨がへしゃげてたんですが骨も丸味を帯びて形が変わっていました。横隔膜自体も骨に沿って骨から剥がすように動かしてみました。特に10回目は面白くて楽しく出来たので すごい効果が出たのかもしれませんね。とにかく楽しい10回のレッスンでした。少しずつでも、動かしていきます。第二弾、お待ちしています。ありがとうございました。 Y.S.

Top