Home / お知らせ・更新情報 / 新年あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。

皆様、昨年はいろんなワークショップでお世話になりました。

昨年、クロニックで初めてワークショップをして頂いた、瞑想のニーラジャ先生のクラスで思いの外の反響がありましたが、やはりクロニックのワークショップは、どのワークショップも全て同じ方へ向かっている事を実感しました。

其々のワークショップは少し異なる切り口を持っていながら、よく山登りに喩えられる様に、幾つもの道が同じ頂上に続いています。

私達は一度に幾つもの道を同時に、多重的に、いろんな角度から登って行くことができます。

でも、とどのつまりは誰もが人類全体の向かう到達点の途上の何処かにいて、自分の道(人生)を唯一無二の道として、人生の終点に向かって歩んでいるのです。

意識的、無意識的に関わらず、其々の生き方が、人類全体に大なり小なりの何らかの貢献をしているに違いありません。

僕の髪の毛一本が、僕全体にどう貢献しているかは、知る由もありませんでした。髪の毛は自分の役割を終えて、人知れず抜け落ちていました。しかし、相当数の髪の毛が抜け落ちて、次に生えてくる髪の毛が少なくなった今、髪の毛一本の大切さをつくづく感じます。とは言え、僕の命に別状ある訳ではありません。

“As above, so below” 人類が滅亡しても、地球にとっては髪の毛の無くなる寂しさ程度、宇宙からすれば、無いに等しい出来事であると共に、私達が夢想だにしないほどの大きなスケールでの出来事が、私達の髪の毛一本ほどの中にも現れている事、又、髪の毛一本程の出来事が、夢にも及ばないスケールでの出来事の中でも同様な現れを持っている事を、ほんの4語で言い表している英語版4字熟語みたいなものです。

人類全体から見れば髪の毛一本にも値しないほどのクロニック・スチューデンツですが、夢にも思わない大きなスケールの中でも一役担っていると言う気概を持って、これからも気負いの無いワークショップを提供していきたいと思っております。

皆様、本年もクロニック・スチューデンツをよろしくお願い致します。

 

2018年1月1日(月)

クロニック・スチューデンツ 幸田良隆

Top