Home / ワークショップ情報 / 海外講師ワークショップ情報 / ニーラジャの瞑想セミナー&リトリート 2017

ニーラジャの瞑想セミナー&リトリート 2017

ニーラジャの瞑想セミナー 2017 


開催日:2017年11月24日(金)~26日(日)東京
開催日:2017年11月30日(木)~12月3日(日)吉野山(合宿)

banquet_image02
日本にも多くの生徒さんを持ち、” Fascia in Osteopathic Field “ の共著者である、パオロ・トッツィーD.O. からご紹介をいただき、彼のマスターを是非日本に紹介したいと言う事から、日本ではまだあまり知られていないイタリアのスピリチュアル・マスター、ニーラジャさんのワークショップを行う運びとなりました。

。。※ クリックで詳細表示
。。 瞑想セミナー(東京)
。。 瞑想リトリート(吉野山・合宿)
。。 申込フォーム

パオロ・トッツィーD.O からの推薦文

tottiニーラジャと共に過ごす事は、あなたの体験その物の源へと遡らせる体験です。
美しさの源、沈黙、そして愛。それはあなたの天然の性質であり、あなたが真に何者であるかの本質です。
攻撃性を無にしてしまう程の単純さで、彼女はあなたを感覚の認知や考えるマインドから休止するように招きます。
静かなままでいて、動かず、1つの思考さえも浮かばせず、あなたの本質が自ずと現れるのに委ねます。沈黙に潜り込み、笑いの中に沈み込んで行き、空っぽの中を彷徨う事は、彼女の目に出会した時によくある出来事です。

私自身マニュアルセラピー(徒手療法)を実践してから17年、そして世界各国で学生からアドバンスのレベルまでを12年間教えて来ました。私が言える確かな事は、ニーラジャに出会って以来、私の存在全てが、私の人生全てが、人への接し方、患者さんへの働きかけ方まで、深く変わってしまいました。
ベストの治療では、セラピスト自身は治療の方程式から取り残されて、ヒーリングがひとりでに為されるままに委ねている時に起こる、と今では理解できます。失敗する余地はなく、傷つける恐れもなく、考える事も、判断を下すプロセスもありません。しかし、全てにとって良い様に、努力を必要としない行動の流れが自然に起こるのです。
「私」と言うエゴが取り残されたとき、そこで叡智は行動を起こします。
沈黙は遊ぶ事を許され、そこで現れ出るものは、ただ完全なるものだけです。
ニーラジャと出会える幸運に恵まれる人は誰でも、何も得るものは無く、何も失うものもありません。彼女はただ、空間、時間、名前や形、観念や概念を超えた所にある、あなたが真に、そして既に何者であるかの、ポイントへとあなたを直に連れて行きます。

パオロ・トッツィーD.O.

※ D.O.= オステオパシー・ドクターの略。

 ■

ニーラジャの瞑想セミナー(東京)

Neeraja瞑想コースは自己の存在の深みへと繋がる貴重な機会を提供します。
マスターの教えを通じて、誘導瞑想のセッション、そして好天に恵まれれば、野外エクササイズも行います。このイベントは、どのような様相を呈しているかに拘らず、自分自身や自分の人生との戦いを手放す事への招待です。
それは私達が真に何者であるかの本質に対して、驚くほどのオープンさを提供します。
ついには生命の甘美を、そこから分離されたものでない知覚をもって味わえる方へと向うのです。このコースは「立ち止まってスペースを設ける」機会を提案します。
瞑想上級者にも、この道を探求しようとするどなたにでも、得る所は多大なものとなるでしょう。

【日時】
。。A)2017年11月24日(金)13:00〜17:00
。。B)2017年11月25日(土)10:00〜17:00
。。C)2017年11月26日(日)10:00〜17:00

【会場】東京都内(参加者に直接お知らせします)

【参加費】
。。通常 54,000 円(税込)
。。早割 48,600 円(税込)※ 早割は受付終了(先着20名。7/31までに入金できる方)
。。※ 部分参加 24日 14,040円、25日 21,600円、26日 21,600円(税込)

【定員】50名。。* 参加者が少ない場合は、中止の可能性あり。<< ニーラジャー瞑想セミナー(東京)申込フォーム >>

ニーラジャの瞑想リトリート(吉野山合宿)

204321ニーラジャとの瞑想リトリートは、自分の心の中の真実の呼び声への答えです。
合宿に参加すると言う事は、その期間中、
「あなたが真に何者であるか」
と言う真実のみに、自分をフルにコミットさせると言う事です。

リトリートに居ると言うのは、そのコミットメントに答える以上に、特にすべき事はありません。
それは自己の存在の沈黙の中から何が現れ出るかを見るために、手放す事への招待です。

沈黙の中からこそ、私達の真実が自ずと、よりフルに顕現されることがあるため、
リトリートは沈黙の中で催される事もあります。
それは一旦停止をし、瞑想の変容的なパワーを体験するときです。

ニーラジャの教えとガイダンスが、日常の忙しい生活から離れて、自分は既にホームに居て自由である事を、あなたに深く気付かせてくれる事でしょう。毎日、何度かの黙坐、ガイド瞑想、ニーラジャとのセッション(講話、そして/又は対話)、質疑応答の時間が設けられます。

【日時】11月30日(木)〜12月3日(日)3泊4日
。。。(初日 13:30 開始~最終日 16:00 解散予定)

【会場】奈良・吉野山 さこや
。。。〒639-3115 奈良県吉野郡吉野町吉野山
。。。http://www.sakoya.co.jp/access.php

【参加費】
。。通常 97,200 円(税込)
。。早割 87,480 円(税込)※早割は受付終了(先着10名 、7/31までに入金できる方)

【宿泊費】 35,720 円(税込)
。。* 現地徴収
。。* 1泊2食付、1部屋4〜5名
。。* 11,000 円 x3泊 + 消費税
。。* 1部屋4〜5名の相部屋
。。朝夕の食事はベジタリアン食。肉が食べたい人は、昼食は個人負担なので、その時に食べてください。
。。* シングル希望は1泊につき 3,240円(税込)追加。希望される方は、申込フォームの備考欄にご記入ください。
。。* シングル部屋は、部屋に空きがある場合に限り対応します。確実に取れる保証はありません、予めご了承ください。

【定員】20名
。。* 参加者が少ない場合は、中止の可能性あり。

 

講師プロフィール

 ニーラジャ(Neeraja)

Neeraja

ニーラジャはイタリア生まれのシンプルで楽しい存在です。
彼女は心の奥底に棲む美しさをこよなく愛しています。

彼女の自由なスピリットは、何時でも真実が花開く方へと彼女の人生を捧げさせました。彼女は子供時代から強い神秘的な情熱を発達させ、それがしばしば内なる光と平静の内観の中、深い沈黙と静寂へと彼女を沈ませました。

24歳の時、ローマで高次教育を終えた後、スピリチュアルマスターを探しにインドへと旅立ちました。長年、カル・リンポチェやダライ・ラマと言った高名なチベット仏教の師に付き、ヒマラヤの寺院でチベット最高の教えを実践しました。当時、彼女はチベット医学や霊気等の自然治療に大変興味を持ち、レイキを深く学び、アメリカやヨーロッパの各地で教えました。

彼女がマスターを探してインド中を旅する間、クリシュナムルティー、アナマライ・スワミ、ヨギ・ラム・スラット・クマーラ他の悟りを得た存在達に出会い、知る機会を得ました。
そして1991年、彼女はついに自分のマスターを見つけました。
偉大なる聖者、シュリー・ラマナ・マハリシの直弟子である シュリー・H.W.L.プンジャジ(パパジ)です。補足参照

パパジは、ニーラジャをラクナウにある自宅に滞在するよう招待し、彼女はそこで毎日毎日、ハートから光が溢れ出て、美しさの中で開花するのを感じることができました。
そこで彼女は蓮の花を意味する「ニーラジャ」と言う名前を受け取りました。平穏で、乱される事の無い、穢れの無い人と言う意味です。

彼女はマスターのお宅に居て、師の足下で多大なる恩寵をうけ、深い感謝の中で何年もの間、奉仕に専念しました。そんな彼女に関して、ある時パパジは「彼女は世界に喜びをもたらすでしょう」と言った事もありました。

1997年にパパジが肉体を離れたのを機に、ニーラジャはイタリアへ戻りました。

彼女の全ての物に対する無条件の愛、彼女の存在から放たれる平静、そして、彼女の生まれ持った、喜びを分かち合う気質が、彼女を知る人達からの、多くのの要望に応えさせ、彼女を自然にスピリチュアルな教えの道へと導きました。

現在、彼女は自身が1997年に立ち上げた ” シュリ・パパジ・センター (Sri Papaji Center)  ” において、集中的にこの活動に専念し、日常を捧げています。信奉者達は、そこで彼女のサットサン・ミーティング、瞑想コース、レイキ・セミナーを受ける貴重な機会を得ています。

 

キャンセルポリシー

申込受付後のキャンセルにつきましては、以下のキャンセル料を申し受けます。早割・通常料金を問わず、未入金のままキャンセルされた場合でも適用いたします。ご了承ください。

・9月1日〜10月31日(開催約1ヶ月前)まで → 通常参加費の10%+振込手数料
・11月1日〜11月19日(開催初日の10日前)まで → 通常参加費の30%+振込手数料
・11月20日以降 → 通常参加費の50%+振込手数料

 

留意事項

携帯会社のメールアドレスは使用しないで下さい。自動返信メールやクロニックからの連絡が届きません。gmailなどを使われることをオススメします。
● 申込フォームには、必ず 参加者ご本人と直接連絡が取れる情報をご記入ください。連絡先情報を正しくご記入いただかなかった事による連絡の遅延や漏れ、それに伴う損害については責任を負いかねます。予めご了承ください。連絡先に変更がありました際は、速やかに事務局までご連絡をお願いします。
● ご入金の確認をもって正式な申込完了となります。申込フォームの受付日時に関わらず、入金順に座席を確保いたします。入金確認ができない場合、残席状況によっては自動的にキャンセルさせて頂く場合があります。予めご了承ねがいます。
● メールを受信後、早割の方は【 2017年7月31日まで 】のご入金をお願いします。早割で申込されていても、期日までにご入金が確認できない場合は、通常価格を適用させていただきます。
座席の確保は入金順です。入金確認ができない場合、申込み状況によっては自動的にキャンセルさせて頂く場合がありますので、お早めにお振込み下さい。
● 領収証は、金融機関からの振込票の控えをもちまして、これに代えさせて頂きます。(特別な事情がある場合はご相談ください)

 

お申し込み

下記のフォームからお申し込みください。上記の留意事項を必ずお読みの上で申し込んでください。

 東京 <ニーラジャの瞑想(東京) 2017 申込フォーム>
吉野山 <ニーラジャの瞑想(吉野山)2017 申込フォーム>

 

主催・お問い合せ

クロニック・スチューデンツ
メール → お問い合せをする
携帯  → 090-6061-9629 幸田

 


【補足】

* ニーラジャの活動拠点    シュリ・パパジ・センター ( Sri Papaji Center )
※ イタリア語です。Google翻訳にかけると読みやすくなるかも。
* シュリー・H・W・L・プンジャ ( 愛称 パパジ )
1910-1997 。ラマナ・マハルシの在家弟子。パンジャブ地方の小さな村で生まれ、6歳のときに真我の直接体験に没入。31歳でラマナ・マハルシと出会い、その臨在のもとで覚醒を得る。のちにインド北部の町ラクナウに落ち着き、毎日サットサンをおこない、世界中から訪れてくる探究者たちに”尊敬するお父さん”という意味の「パパジ」の名で呼ばれるようになる。
* サットサン(satsang)
「サット」との交際。サットとは通常「真理」「実在」と定義される、生きとし生けるもの、すべての顕現の基盤にある普遍の存在を意味する。「サットサン」は「サット」と1つになった人と交際をもつ事、又は、自己の内なる「サット」と共にある事をさす。
* 参考図書
彼女のセンターHPで紹介しているパパジ本のうち1冊は邦訳版が出ています。興味ある人はどうぞ。
邦訳名 『 覚醒の炎 – プンジャジの教え 』
原書名:The Fire of Freedom – Satsang with Papaji
* Youtube動画
パパジの講話の様子は Youtubeで「パパジ」と検索、他にも沢山あります。日本語字幕オンで観ましょう。

Top