Home / Archive by category "受講生の声"

受講生の声

匿名希望 さん(女性) 理学療法士

イラスト:朱雀
立つ姿勢、歩行を観察して、仮説を立てて、触って検証する、というプロセスは、普段の仕事でもしていることですが、「重心をできるだけ、1本の線で地面に落としている」、「上手くバランスを落として、歩く」…などの視点で見ていくことを学びました。
Read More

匿名希望 さん(神戸市・女性)

イラスト:白虎
幸田さんのクレニオ講習は、いつもアルツハイマーの父にしているマッサージに効果があると思って受けました。2度目を受講したのは、1度目に習ったことをあまり覚えてなかったからです。幸田さんのクレニオセイクラル、とっても勉強した感がある。それからとっても施術された感と。 今回は2回目の参加だったけど、あまりの自分の不器用さに泣きそうだった(でも一緒に学んだ人たちが面白い人たちで、おかしく笑って終わったけど)。たぶん、前回は知らなさすぎで、自分がわかってないことさえ、わかってなかったらしい。今回は、わからないところを、わかるまで遠慮せずに、できるだけ幸田さんに聞いてみることにした。他の人たちは、みんな当たり前に知ってそうだったけど、幸田さんはとても丁寧に質問に答えてくれた。 他の人たちは「○○骨」「○○筋」と言われても、すっとついてってるし、既にその道のプロの方かそのような勉強を終えてる方たち...
Read More

S.Y さん(北海道・男性) 理学療法士

理学療法の教育課程では、まったく学ばない部分についての驚きの考え方がここにはあります。胎生学、発生過程からみた骨、神経、筋の成り立ち。今の身体がそこにある理由を触る事で感じ、リセットする。そのために必要な解剖学的知識、発生・胎生学など、形態的に学ぶ事ができます。理学療法の「型」にはまった考え方しかできないと、この分野の受け付けられないかもしれません。しかし、「人間の身体」をしっかり考えていくと必要になる部分があると思いませんか?ボディワークの分野で、視点を増やしてみるのもよいのではないでしょうか。
Read More

Y.T さん(京都府・女性) 

幸田さんのクレニオ講習の感想です。 一般的なクレニオの講習を受けて、習っている動きじゃない動きを感じる…これって何?と困った経験がある人には幸田さんの講習が向いているかもしれない。手を透明(比喩)にして相手のシステムにチューニングして極めて微細な「力あわせ」をしていく。やること(やらないこと)がシンプルなのは楽だった。施術 する側もされる側も神経システムが沈静化するところと、終わった後も暫く自己 治癒が続くところに私は惹かれる。
Read More

Jさんの感想

(2006年12月5日) あんなに欲しかった「自由」。 気がついたら、ここにもあそこにも・・・いっぱい、いっぱい。 手を伸ばしさえすれば・・・大好きな「自由」はいつでも私の中に在る。 いつでも、私の外にも在る。 高野山の日々が、私に教えてくれた。 ありがとう。 (2007年1月30日) 高野山でおこなわれた5泊6日のSusan Harperのワークショップを受けた。 私達は、「44時間誰とも話さない」というサイレントワークをした。参加者はその間、いくつもの祭壇が設けられた稽古場で動きたい時に動き、眠りたい時に眠り、祈りたい時に祈り・・・何をしていてもいい。稽古場だけでなく外に散歩に出ても、何をしていてもいいのだ。決められたことはただひとつ。44時間後に集合することだった。スーザンはその間、私達と同じ立場として存在した。 私は自分が...
Read More

mさんの感想

    ワークが終わって、再度奥の院に行くために、みんなよりも遅い電車に乗っています。やっぱり奥の院そのものよりも、その途中のお墓の道が好きなんだなと感じています。カメラを持って、いろんな表情のお地蔵さんや、大きくて暖かい木々を撮るたびに、いつのまにか、どんどんその道が好きになってきていることを感じています。静かに静かに、そのルーツに戻ってきたかのような、安心感を感じています。また、ここに戻ってきて、ゆっくり歩きたいなって思っています。 ・・・・ 最初の二日間に準備のワークをして、その後 参加者のすべてとともに44時間、無言で過ごしました 言語を使わずに ただ、呼吸や、涙や、笑いや、踊りとともに過ごしました 言葉を使わずに 暗闇の中で、一緒に炎を見つめ 手を握り、やさしく触れ合い、そしてハグし続けました そしてお互いに言...
Read More

Mさんの感想

私の尊敬するヒーラーさん何人かが講義の雑談中にコンティニュアムなるものの魅力を語っていたので、どんなものだろう?と体験する機会をうかがっていました。 「未経験者はあかん!」とか断わられはしなかったので5泊6日の高野山リトリートにいきなり参加することにしましたが、運動は学生時代の体育の時間以来でしたのでクロニックのコンティニュアムのコンテンツは熟読して出かけました。 せっかく熟読した知識はセッションが始まると同時に何処かへ飛んで行ってしまったのですが、講師のスーザンの実技も講義もリードもとてもすばらしく、肉体とその内外の空間をとても立体的柔軟的に捉え、動きたいように動く運動は無邪気に楽しいものでした。 自分の動きとそれを自覚することに精一杯で、他の方々とのコンタクトに気を配ることはとても……という状態でしたが、これは練習を重ねると2人で、グループで有機的に動く楽しみ...
Read More
Top