Home / 海外講師の紹介 / ニーラジャ(スピリチュアル・マスター、瞑想講師)

ニーラジャ(スピリチュアル・マスター、瞑想講師)

講師プロフィール

 ニーラジャ(Neeraja)

Neeraja

ニーラジャはイタリア生まれのシンプルで楽しい存在です。
彼女は心の奥底に棲む美しさをこよなく愛しています。

彼女の自由なスピリットは、何時でも真実が花開く方へと彼女の人生を捧げさせました。彼女は子供時代から強い神秘的な情熱を発達させ、それがしばしば内なる光と平静の内観の中、深い沈黙と静寂へと彼女を沈ませました。

24歳の時、ローマで高次教育を終えた後、スピリチュアルマスターを探しにインドへと旅立ちました。長年、カル・リンポチェやダライ・ラマと言った高名なチベット仏教の師に付き、ヒマラヤの寺院でチベット最高の教えを実践しました。当時、彼女はチベット医学や霊気等の自然治療に大変興味を持ち、レイキを深く学び、アメリカやヨーロッパの各地で教えました。

彼女がマスターを探してインド中を旅する間、クリシュナムルティー、アナマライ・スワミ、ヨギ・ラム・スラット・クマーラ他の悟りを得た存在達に出会い、知る機会を得ました。
そして1991年、彼女はついに自分のマスターを見つけました。
偉大なる聖者、シュリー・ラマナ・マハリシの直弟子である シュリー・H.W.L.プンジャジ(パパジ)です。※ 補足参照

パパジは、ニーラジャをラクナウにある自宅に滞在するよう招待し、彼女はそこで毎日毎日、ハートから光が溢れ出て、美しさの中で開花するのを感じることができました。
そこで彼女は蓮の花を意味する「ニーラジャ」と言う名前を受け取りました。平穏で、乱される事の無い、穢れの無い人と言う意味です。

彼女はマスターのお宅に居て、師の足下で多大なる恩寵をうけ、深い感謝の中で何年もの間、奉仕に専念しました。そんな彼女に関して、ある時パパジは「彼女は世界に喜びをもたらすでしょう」と言った事もありました。

1997年にパパジが肉体を離れたのを機に、ニーラジャはイタリアへ戻りました。

彼女の全ての物に対する無条件の愛、彼女の存在から放たれる平静、そして、彼女の生まれ持った、喜びを分かち合う気質が、彼女を知る人達からの、多くのの要望に応えさせ、彼女を自然にスピリチュアルな教えの道へと導きました。

現在、彼女は自身が1997年に立ち上げた ” シュリ・パパジ・センター (Sri Papaji Center)  ” において、集中的にこの活動に専念し、日常を捧げています。信奉者達は、そこで彼女のサットサン・ミーティング、瞑想コース、レイキ・セミナーを受ける貴重な機会を得ています。

● ワークショップ情報
2017年瞑想セミナー&リトリート合宿(2017/11/24〜12/3)

Top